ecサイト制作で自社商品が世界に羽ばたく〜情報化社会最大の武器〜

会社

逆SEOで検索結果ダウン

パソコン

企業を運営している人にとって重要になるものの一つに口コミがあります。口コミが良い場所というのは認知度が高くなるだけでなく、人が集まりやすくなるため、企業としてはとても助かる要因となっています。口コミは、人から人へと発信される情報のため、全てが良い情報というわけではありません。また、情報化社会と呼ばれるようになった昨今としては、SNSやインターネットを媒介として発せられる情報も多いため、色々な情報が拡散されやすくなりました。一つのミスによって悪評が流れるのも当たり前となっており、一度そのようなイメージが定着してしまうと払拭しきるまでに多大な時間がかかるようになります。このような風評被害を防げれば、企業を守る事にも繋がりますので、ダメージを最小限に抑えるためにも風評被害対策を行いましょう。

インターネットなどで流れている風評被害をなくす方法として逆SEOがあります。SEOとは、本来であれば検索順位を向上させるために行うインターネットマーケティングの手法なのですが、これを逆手にとったやり方が逆SEOなのです。目的としては、人の目に触れて欲しくない情報を検索ランキングの下位に持っていく事で風評被害に合う確立を下げる方法となります。インターネット検索では、検索してTOPページに表示されるサイトでクリックされる確立が非常に高く、2ページ目以降になればなるほどクリックされる確立がどんどん下がっていきます。そのため、風評被害のダメージを抑えるには、逆SEOがかなり有効的な手段として用いられています。個人ブログや巨大掲示板、口コミサイトのように情報を発信出来るサイトが多くなった今だからこそ風評被害を最小限に留める必要があります。情報の発信はかなり早いですし、逆SEOの効果が現れるまでには時間がかかるので、なるべく早くアクションを起こすようにするのがポイントとなります。悪いイメージが定着する前に対策を講じましょう。